スケッチにまつわる事を中心に書いていきます。


by sketch_alamode
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c0188091_17352398.jpg


秋の深まりを感じる今日この頃。村上健さんのほっこりする絵は秋の休日に鑑賞するのにぴったりです。
おまけに小田急線、しかも新宿から各駅でのんびり・・・。参宮橋の街もいい感じに人がいて
いい感じに店があり・・・。なんか癒されますね。
しかも会場でひさしぶり私の最初の師匠、岡部慶子先生にもお会いできました。岩手から山梨に越していらしたことは聞いてましたが。子育てしながらも、このたび絵本を出版するそうです。
すばらしい!!!
c0188091_17353744.jpg
c0188091_17354639.jpg今日は村上さんにはお会いできませんでしたが、なにやら見覚えのある風景を発見!
なんと地元大宮のさくら小路の絵が・・・。ついさっき通ってきた道の絵がうれしくてポストカード購入してきました。ただの駐輪場の路地も村上さんが描くとなんか素敵な路地になります・・・。

[PR]
# by sketch_alamode | 2017-10-02 22:33
c0188091_16254633.jpg久しぶりの勉強会です。
今日は「カフェスケッチについて」。
今年の夏など、暑かったり雨が多かったりとなると野外スケッチの場所選びも難しく、そんな時カフェはスケッチャーにとってありがたいスペースになりますよね。
単にカフェスケッチといってもいろいろあって・・・

①テーブルの上の食べ物を描く
②カフェ店内のインテリアを描く
③店の外観を描く

大きくはこんな感じで分かれますね。
カフェスケッチ=都会の絵という発想があるので
カフェを描くとなると大きい人物がはいらないとかな・・・と考えてしまいますが、
たとえ人物が入らなくても気に入った内装を描くのもいいし、テーブルのうえのものを描くだけでもいいですよね。
そう考えると気持ちも楽にかけます。
カフェばかりでなく、居酒屋、そば屋、バーなどにも展開できますね。
[PR]
# by sketch_alamode | 2017-09-15 23:23
c0188091_11521804.jpg


6月のアヴィニョン~パリ スケッチツアー、今日が最終日です。作品をほぼ仕上げてこの講評会で発表してツアー終了となります。
今回も各自、各地からの美味しい手料理、お土産がそろいました。まずはツアー終了を祝ってシャンパンで乾杯!

今回のゲストは佐々木まきこさんと村上健さん。同行してくださった下野さんはお仕事で残念ながら欠席ですが、クラブツーリズムの金田さんが参加してくださいました。
c0188091_11553995.jpg

今回の作品はなかなか色塗りがはかどらず、完成したつもりでもなんとなく
ものたりないというか地味な印象。
それはなぜか他の方の作品を観ながら考えていました。
まず、昨年のイタリアと色が違うということ。

・イタリアは壁に色があってはっきりしているので派手な印象になり塗った感が出る!
  それにくらべてフランスは建物のほとんどが色がなくほぼ白に近い。
・パラソルも白が多い。
・窓枠におしゃれな色が多いがイタリアほどビビットな色ではなく中間色を使ったり
 している。

その辺がイタリアの絵とは塗り方が異なる点かなと思いました。
皆さんの中でも課題となったのは今回猛暑の中でのスケッチで日差しが強く、
影をいかに付けるかがいつも以上に大事ということでした。
しかも建物に色がないので・・・。

私への講評の中で、大きい絵はどうしても頑張りすぎてしまう感がでる。
その時の体調、状況も入ってくるが、やはりリラックスして描いた絵がいい。
そういう絵にある人物が大きい絵にもはいってくると良い・・・ということでした。
私の絵に関しては大きければいいものでもないようです。
やはり大きい紙をひろげるとどうしても気張ってしまいがち。
やはり外国慣れしていないということなのでしょうか?
大きい紙でもリラックスして外人が入れられるようになるには・・・
あと何回海外スケッチいけば描けるようになるのでしょうか・・・???(涙)

というわけで画集もできあがり、まだ塗り終えてない絵はありますがひとまず
一段落です。
[PR]
# by sketch_alamode | 2017-08-23 20:48

スイカのゼリー

家に女子がいるとお料理もデザートも作るモチベーションがあがりますね。
  見た目にも味的にも工夫する気になるというものです!

さて、最近日本橋まで月1回お料理教室に通っています。
先生はかなり昔私がお菓子を教えていただいていた国立グリオットの葛西先生!
約15年ぶりの再会でした。私の尊敬してやまない葛西先生、
お料理教室についてはまた別の機会にご紹介するとして、
今回はこの前教えていただいた「スイカのゼリー」!!

これがとっても美味しくて、ゼラチンものの苦手な私ですが
是非娘のいる間に一緒につくろうと久しぶりに気合いいれて一緒に
デザートつくり・・・。
まあなぜ最近お菓子作りとご無沙汰さというとコンベックが壊れてから
まだ新しいものを購入していない・・・。

レンジつきの電気オーブンは買ったもの、
やはりガスコンベックに慣れている私としては
あの立ち上がりの速さ!火力の良さがなく、
作る気力が薄れてしまいました。

c0188091_15291623.jpg作り方はいたって簡単。
すいかと砂糖をミキサーにかけ裏ごし、キルシュ、レモン、
戻した板ゼラチンと混ぜて氷水をあててとろみをつける。
その時ミキサーにかけるスイカのほかに形を残したスイカを
少しとっておいて器にもったスイカゼリーに何個か浮かせます。
本当は丸くくりぬくものがあるとベスト。
昔持っていたはずなのに見当たらず・・・。
種も飾りに器の側面に張り付けるととってもかわいい!
でもこのわざはとろみをつけることによってしかできません。
すいかや種が浮く状態にしないと。
c0188091_15301389.jpg

このままでも美味しいのですが、今回アングレーズソースがかかっていて
これがすいかのゼリーととっても相性がよかったのです。
アングレーズソースは英国風の・・・という意味のカスタードが
ゆるくなったようなソースでアイスクリームにかけたりすると
美味しいソース。
この手間がちょっとリッチな味つくりのポイントですかね~。

さくらんぼのお酒、キルシュワッサーが効いてます。
見た目にもとっても可愛いです。

c0188091_15295597.jpg
c0188091_15293698.jpg

[PR]
# by sketch_alamode | 2017-08-17 15:28
お盆休みに次女が長く帰ってこれたので、
家族で川越の氷川神社の風鈴祭りに出かけました。

c0188091_15082067.jpg


c0188091_15070257.jpg


明日から雨予報のせいか暑いにもかかわらずかなりの人出。
お祭りらしくてよいのですが・・・(笑)


c0188091_15074177.jpgインスタ映えしそうなカラフルな風鈴の前でポーズをとるカップルが目立ちます。列が進まないわけですね~。



c0188091_15072502.jpg
おみくじも恋愛みくじ的なもの。c0188091_15215217.jpg



色がきれいな風鈴がいっぱいなので
猛暑日にならなければスケッチにもいいかもしれませんね。
[PR]
# by sketch_alamode | 2017-08-13 21:09